E3注目ゲームその3(続報+Xboxが売れない理由編)
Fable2がPC版で出る確率は37.257%
戦闘は「カジュアルでもコアでも」楽しめる、単純な操作で戦略的な行動が取れるシステムになるらしい。ネット対応は歯切れが悪い返答から、まだ仕様が固まっていない・まだ開発初期の段階なんだろう。ピーターモリニューの悪い癖と言えば、構想が壮大すぎて作れるかどうか判らない点が挙げられるけど、今作もあれやこれやと構想を詰め込みすぎて延期に延期して、その多くの要素が削られる、そんな事がないようにして欲しいな。なんかこの傾向、どっかのMMORPGのプロデューサーとかにも居る気がするぞ……。開発の良し悪しは現実的なプランニングが出来る事、なのかも。

Little Big Planet New Trailer (Gametrailers.com / WMV)
PS3のオンラインコンテンツは、Xbox360と比べて大分弱い印象があるけど、DLC・オンラインサービス含め、今後のリリース次第では割と挽回出来そうな、よさげなタイトルが幾つもリリースされる予定(Homeは微妙だけど)。今回のLittle Big Planetはその筆頭に挙げられるカジュアルゲーム。前回リリースのトレイラーに比べ、今回はゲームプレイとシームレスに連動するUCC要素を中心に紹介されている。

d0023965_855731.jpg
●期待の一本。PS3初の「マトモな」オンラインサービスタイトル。

UCC(User Created Contentの略:ユーザー製作コンテンツ)は潮流としては新しい流れではなく、例えばMODも広い意味では同義である、と言うわけでマーケッティング用語の一つだと捉えて構わないんだけど、狭義では、MODとUCCの間には大きな違いがある。UCCは「専門的なスクリプト・複雑な工程を踏むクリエイション・自己完結しないパッケージ」と言った点において、MODとは区別されているのが現状。もっとありていに言えば「誰でも簡単に、ありもの素材で、レベルを作れる」のがUCC。てなわけで今作は、複雑な工程も何も無く、ゲームをプレイする延長線上でゲームを作れるのが大きな特徴になっている。

UCCと言う言葉は元々オンラインゲーム業界から生まれた言葉なので、ネットワークとの連動も大きな要素として見られていることが多いが、今作はプレイヤーが作り上げたレベルを、SNSのような要素を含めて広く公開する事が可能となる。まるでマリオのステージを遊びながら作れて、それを他の人に遊んでもらって、評価してもらう。そんなゲーム性を持ったゲームは実に珍しく、そういった点からも注目されているタイトルと言える。失速気味なPS3の起爆剤になる、とまでは言えないかも知れないけど、散々弱いと言われていたオンライン対応に力を入れている、と言うアピールにはうってつけのタイトルになるかもしれない。

Xbox360、なんで日本じゃ売れないの?(ピータームーア:偉い人)
――日本での販売台数がなかなか伸びてきませんが……。
ピーター:その理由は私が逆に皆さんに聞きたいくらいです。本体の価格も値ごろで、Xbox LIVEの評価も高い。ハードの魅力を高めるべく、一生懸命努力をしています。マイクロソフトのポジショニングが悪いのか、ゲームファンにマイクロソフトが嫌われているのか……(記事中より引用)

Xbox360の品揃えは、タイトルに関しては優秀な作品が多い。Xbox Liveもゲームにフォーカスを絞ったSNS要素と言い、サービス内容と言い、評価が高い。ハードは欠陥が多いとされながらも、表現力と言う点ではPS3に負けず劣らず、ゲーマーなら魅力的に感じるアイテムである。じゃあそれを「魅力的に見せようと」宣伝していますか?キャッチコピーが「DoDoDoしようぜ」じゃ売れねーよw

ヒゲが言ってたように、Xbox360のマーケッティングは明後日を向いてる。CMもダメだし、そもそもFPSを中心として、X ratedのタイトルが多いこともあり、そもそもCMが放映出来ない事も多い。FPS以外のタイトルは最近ではアイドルマスターやらなにやらが出てきているみたいだけど、戦略的に北米タイトルが中心なのは変わらずで、認知度・ニーズからして日本人の好みに合っていないし、そもそも日本ってのは「タイトルが優秀だから売れる」ような国じゃない。日本ではもはや生粋のゲーマーは希少種なんだねぇ。この点をトップが判らない限り、日本での成功は望めない。

CoD4のマルチは従来と大きく変わらない
これは喜ぶべきか悲しむべきか。CoDシリーズのマルチは、個人的にはそれほどイケてないのでいい加減変革して欲しいけど、36人程度の中規模戦が中心の模様。タクティカルでもない現行スタイル。一つ変わった点は武器のアンロックシステムを採用。このシステムはどのゲームでも賛否両論だし、目だって新しい要素でもない。ムー。
[PR]
by drkdot | 2007-07-14 09:14 | ゲーム日記
<< 気狂いGravity。 E3注目ゲームその2(和モノ編... >>
(C) 2005 こあ Some rights Reserved.