Source Engine Mod、Incergencyが今ホット。
Source EngineがベースのIncergencyが先日リリースされ、国内の各コミュニティでも盛り上がりを見せている。国内外の累計サーバーも100を越え、国内でも遊ぶには困らないくらいで、遊ぶなら今!な熱いMODとなっている。

d0023965_5332080.jpg
●オフィシャルSSより。グラフィックの質はハンパない。

ゲーム内容はSquad・オブジェクティブを中心にした4つのルールに分かれたリアル系FPS。リアル系FPSにはわりと見られる要素なんだけど、このゲームはクロスヘアーや、情報過多のHUDが無く、クロスヘアーでヘッドをバンバン狙うようなスポーツ系とはかなり趣きが異なる。当然アイアンサイトはあるので、ズームして撃つ事は可能だし、姿勢を下げる事で命中率も上がる、と言った定番要素はあるものの、このゲームは狭くて入り組んだ街路を中心にした戦闘にフォーカスが当たっている分、リアル系特有の、情報の少ない中での戦場での緊張感が凄い。

モチーフはなんとイラク戦争(!)。マップも、バグダッド等、実在の地域をモチーフにしたものばかりで、これは賛否両論あるだろうけど、シナリオがガッチリとしたシングルプレーのゲームでは無いので、個人的にはまぁ許容範囲内。

グラフィックの質が非常に高い反面、負荷もそれなりなので、遊ぶ際には色々と設定を変更しなくてはならない場面もある。これと言った新しい要素はあまりないものの、丁寧に作られていたり、リアル系の緊張感を更に高めたゲーム性と言う意味ではかなりの作品。敷居は高く、FPS初心者向けでは無いかもしれないね。
[PR]
by drkdot | 2007-07-05 05:53 | ネトゲ研究
<< 空の軌跡 the 3rd・レビュー。 オンラインゲーム、市場規模は1... >>
(C) 2005 こあ Some rights Reserved.