<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Online専用FPSレビュー。
最近はネトゲからはかなり距離を置いてなーんもやってなかったんだけど、昨日ちょっとFPSで遊んでみたので、簡単に感想を書いておく。

昨年のMMORPG業界の不振から、カジュアル・アクションが注目された韓国ネトゲ業界の風が、今年になって日本に上陸し、ハンゲのスペシャルフォースの同時接続者数が5000人を超えると言った、まずまずの成績を収めたオンライン専用FPS。韓国で一番人気のサドンアタックはまだ未上陸?なので、韓国ではFPSランキング2位のスペシャルフォース(以下SF)とそれに続くWarRock(以下WR)を遊んでみた。

d0023965_510236.jpg
●WRの画面。SFに比べて画面は綺麗。

■概要
SFは懐かしいけど今でも現役なカウンターストライクのパクリ。WRはチームベースでお馴染みバトルフィールドのパクリ。新しい点は殆ど無く、むしろ劣化コピーに過ぎない点も多いが、そのせいか新規のFPSプレイヤーがかなり多く、また基本的なFPSのシステムさえ判っていれば両者共に遊べるカジュアルな内容も相まって、なかなか無かった初心者向けFPSと言う観点から見ると悪くないかも。

FPSなんてどれも一緒じゃない?なんて今時って感じで、割とタイトル毎に個性があったりする。SFは1チーム8プレイヤー以下のミッションベースで、テンポ良く遊べるのが特徴。WRは小規模なミッションプレイもあるが、メインはBFのキーコンテンツであるコンクエスト(中~大規模戦)が中心。

ミッションベースのゲームは目的を遂行出来たか否かで勝敗が決まるのに対し、コンクエは少々複雑なルールがある。簡単に言うと、ベースポイントとなる陣を占拠し、相手を倒す事でチケットと呼ばれるポイントを減らし、0にしたほうが勝ち。ゲーム運びは当然陣を多く取れば有利になるようにレベルデザインされている。

■クライアントの出来・ゲーム内容の評価
正直SFのクライアントの完成度は低すぎる。描画が重いわけではないが、あのグラフィック品質のタイトルなら、より多くのフレーム数が稼げるタイトルも多いし、クラ落ちも多く、不安定。対してWRのクライアントの出来は割と良く、フレームも安定。両者共にプレーを重ねる事でポイントを得られ、期限付き、永久使用が可能な、2パターンのアイテムをアンロックする事が出来る。

プレーで成績を残す事で階級が上がるのは双方ともに同じだけど、SFは階級がかなり細分化されていて、軍曹くらいまでならあっと言う間にあがる。対してWRはわりとテンポは遅め。階級が上がることで得られるメリットは、他者との実力の比較程度なものなので、別にやっきになってあげる必要性は無い。

肝心のゲーム内容は、WRはBFの「劣化」コピーと言ってよい。劣化している部分は、コマンダーシステムの不在でコンクエの流れが分隊で把握出来ない事・レベルデザインが弱く、スナイパーが使いにくいマップが多い事・ざっと見た感じ工兵が死んでる事(まだ始まったばかりで単に戦闘兵ばっかりみんなやりたがっているからかもw)、など。全体的に大味で、細部に渡ってBF文化には劣っていると感じた。と言っても基本的なシステムはコピー済みなので、今後のアップデート次第で改善する事は十二分に出来る。やはり分隊システムが無いのは「BFらしくない」。


※追記:βの頃の大規模をちょろっとやっての感想で、実際他のマップをプレイした限り、小規模ミッション・中規模コンクエの出来は悪くない
特にHavana、Harbor_Eliaはバランスも良く、結構熱い。工兵が死んでる現状は大規模の乗り物超重視な仕組みが多くの人に理解されれば解消されるだろう。また、上記の「BF文化」と言う表現は、分隊機能等が整備された現在のBFを指し、それらと比べると古い印象を受ける、と言う意味。


SFはCSを研究してるんだねーと思えるタイトル。基本的なゲーム内容はほぼ同じ。逆にこちらはスナイパーが優遇されているんじゃないのと思えるくらいスナイプポイントが充実していて、かつ狙いやすい。戦闘兵をプレーする際は個人的にはこのくらい危険なほうが興奮するので良いけどw。逆に「スナ禁止」部屋を見たりすると厨っぷりにゲンナリする。武器のアンロック速度がWRに比べて遅いので、アサルトやりたい、明日はスナイパーやりたい、と言ったプレーがしにくいのが欠点。インターフェイスの古臭さは勘弁してほしい。ゲームのテンポはミッションモードで言えばSFの方が良いかもしれない。WRはやっぱコンクエの方がいい。

d0023965_5274179.jpg
●SFの画面。画面はしょぼいけど慣れる。

■結論
双方共にFPS初心者は楽しめる反面、中級者以上はパッケージFPSの方が、MOD文化などを含めても楽しめる。クランシステムは中央サーバー依存型の特権で、双方共にシステムレイヤーで実装した事は唯一の誉められる点かな。とかくゲーマー向けの印象が強いFPSが、カジュアルな層も気軽に遊べるようになった、と言う点で、ゲーマー人口の拡大に繋がると良いけど、やっぱり(特にハンゲの方は)厨房も多くなり、生粋のゲーマーからしたらウザい事間違いなく、意外とパッケージ・オンライン専用FPSは水と油のような関係で、前者はコア向け、後者はライト向け、と住み分けがされるかもしれない。ともかく、簡単に始められて、初心者も多いという意味では、興味のある初心者の人にはお勧めかもね。

チョンゲと言えどほぼ対等な条件でのガチバトルなので、俺はPvPには競技性を求めるとか、チョンゲMMORPGで言ってるアホにはお勧め出来ません^^


■追記:俺の実力はこんなかんぢ
台風並の強風で外に出られないので、飯も食わずに1ゲームWarRockをやってみた所、成績はこんな感じ。この記事書いた時にやったときの成績も似たりよったりで、いつもこんな感じ。緑色の旗の上から二番目。KILL(倒した数)/DEATH(倒された数)の比、K/Dは高ければ高いほど良く、上手い人は半端なく高い。俺は今回1.68だったけど、まー平均したら1.0~1.5くらいだろな。

そんなにFPS得意な方じゃないので、っていうかアクションが厳しい年齢になりつつあるのでアレだけど、動体視力マンや若い人はもっともっと行けると思うので、これからFPSやりまくりんぐと思っている人はK/D2以上を目指して頑張れ!

なおSFは所謂ゲーム内マネーの獲得に関して異常なほど厳しい仕様になっていたり、色んな面でアレなので多分もうやらない。中の人の近況としてはWRは暇な時たまーに遊ぶかな。MMORPGは私生活の事とかもあってやっている時間が無いので休止。以後ライトなネトゲは暇つぶし程度にやるって感じがしばらく続きそう~。
d0023965_20334871.jpg

[PR]
by drkdot | 2007-02-26 05:39 | ネトゲ研究
(C) 2005 こあ Some rights Reserved.